TISフィットネスジム

top

投稿記事

非日常的な動きを日常に取り入れてみる!


こんにちは、チーフトレーナーの山本です!

今日は急な雷雨に見舞われましたが、皆様は大丈夫だったでしょうか?
そして明日は完全に私事ですが、家の引っ越しを行います。
暑さが気になりますが、雨にさらされるよりは全然よろしいかと思います。

引っ越しでは多くの荷物を運ぶわけですが、気を付けたいのは
「ぎっくり腰」
昨年、私も急に襲われてどうしようもできなかったことを覚えています
※ぎっくり腰は西洋では「魔女の一撃」とも呼ばれるほどです。

急な負荷が腰周辺にかかったり、疲労が腰周辺に溜まりすぎてしまったりすると起きる可能性が高いです。
そこで、オススメしたいトレーニングは先日モデルの瀬畑茉有子さんも行っていましたが「デッドリフト」です!
IMG_2151

このトレーニングは大まかに説明しますと背中、お尻、太もも後面、腹部をメインに鍛えられますが、
大事なポイントは
腰を入れる」ことです!(※専門的には「股関節の屈曲」と言います)

運動を普段されていない方ですと、物を持ち上げる際に膝を伸ばして腰から曲げるため、重さが全て腰にかかってしまいます。
そこで上記の写真のような「腰を入れる」状態を作ってあげることで、上半身と下半身が連動し、カラダ全体で持ち上げられるようになります!

しかしながら、この動きは難しいです。なぜなら「非日常的」な動きだからです。
普段、この「腰を入れる」という動きを意識する機会がなかなかありません。
ただ「腰を入れる」ことが意識できるようになると座っている際の姿勢矯正にもなりますし、肩こりや腰痛の改善といった効果も期待でき、さらにスポーツ時のパフォーマンスの上がります。

T.I.Sでは老若男女問わず、多くの方にこの「デッドリフト」に取り組んでいただいています。
ぜひ、この「非日常」を「日常」でも意識できるようにカラダを動かしてあげていってほしいと思います。