TISフィットネスジム

top

投稿記事

アクティブケアとパッシブケア


こんにちは、FITNESS GYM T.I.Sです。

 

人間は成人を過ぎると何もしないままでは退化していきます。

そのうちケガをしてしまったり、四十肩になってしまったり、股関節や膝が痛くてもレントゲンには何も写らず、なんの処置もなされないということもしばしば起こります。

massage-389716_1920

 

治療の世界ではアクティブケアとパッシブケアという言葉があります。

パッシブケアというのは人の手を借りて受動的に行うケアのこと。いわゆる整体やカイロプラクティックなどです。それに対してストレッチやジムで自分自身で能動的に行う運動をアクティブケアといいます。

 

当ジムにはかつて四十肩で腕が上がらなかったという方や腰椎症や頚椎症、股関節の疾患をお持ちの方でリハビリも兼ねてトレーニングされている方もいらっしゃいます。

いずれは年をとり、筋肉は減っていき、柔軟性は失われていきます。動かないことで疲れやすくなっていきます。

ケガを治したり、身体を機能的に保つことは大事なことです。

 

いつも自分自身の心と身体に目を向けていきたいですね!

 

トレーニングをするかしないか、最後はいつも自分次第。

~3rd PLACE FOR YOU~


現在キャンペーンをしております!
是非この機会に、T.I.Sでトレーニングを始めてみませんか?
スタッフ一同お待ちしております。
お問い合わせ:二子玉川店3−6411−7484 三宿店03-6450-7105
見学・体験のお申込みはこちらから