TISフィットネスジム

top

投稿記事

筋トレのグリップ、バーの握り方


こんにちは、FITNESS GYM T.I.Sです。

 

 

今日はトレーニングに久しぶりに来られた方がデッドリフト時のバーの握り方を忘れてしまった!

との事だったので握り方についておさらい?まとめ!

 

握り方には3種類

親指でしっかりロックする握り方のサムアラウンドグリップ(初心者の方にオススメ)

※1番安定しやすい握り方なので初心者の方やフォームなどが安定しない方はサムアラウンドグリップをオススメ

photo-1458372128312-1d1c1dd115e4

↑バランスが必要なため、自然と力が入れやすいことが重要です!

 

親指を巻き付けない握り方のサムレスグリップ(背中の種目やプレスダウンにオススメ)

※サムレスグリップは親指を除く4本の指で握るため、不安定になってしまいます。そのため慣れないとバーベルやダンベルを落下してしまう恐れがある

ので気をつけて行いましょう。ラットプルダウンやチンニングをサムアラウンドグリップで握ると握力や腕の力を使ってしまい背中に効かせにくくなるので

背中系ではサムレスグリップをオススメ

photo-1434656742621-5c4a7d73d0e7

そしてほぼデットリフトでしか使わない握り方のオルタネイトグリップ。

オルタネイトグリップは左右順手と逆手で持つ握り方で、握力を失いにくいというのが特徴です。

IMG_3316

以上の3種類を上手く使い分けて筋肉への効き方の良い握り方を見つけていってください。

 

 

トレーニングをするかしないか、最後はいつも自分次第。

~3rd PLACE FOR YOU~


現在キャンペーンをしております!
是非この機会に、T.I.Sでトレーニングを始めてみませんか?
スタッフ一同お待ちしております。
お問い合わせ:二子玉川店3−6411−7484 三宿店03-6450-7105
見学・体験のお申込みはこちらから