TISフィットネスジム

top

投稿記事

見た目が細くても実際は??


こんにちは、チーフトレーナーの山本です!

木枯らし一号が吹き、秋の寒さが本格的になり、冬支度を意識し始めます。
今日も肌寒い一日ですが、T.I.Sは会員の皆さんの活気で満ちています。
IMG_3808

そして先日、私の地元・鳥取で元横綱・琴桜の出身ということもあり、大相撲の地方巡業がありました。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tottori/news/20151023-OYTNT50157.html
地元の友人も観に行き、とても興奮したと言っていて、生のスポーツ観戦の醍醐味を感じたようです。

今回は力士の方々を引き合いにして、カラダの見た目を考えてみたいと思います。
以前、サントリー「伊右衛門 特茶『見かけと体脂肪率編』(15秒)」のCMに興味深い内容のものがありました。
(※上記をクリックしていただくと参照元のサントリーのサイトに飛びます。)

力士は脂肪で覆われていて、体脂肪率の高そうに見えますが、そうでない力士とそうである力士もいてさまざまです。
ちなみに第58代横綱・千代の富士は体脂肪率が10%前後だったという話もあります。

気を付けたい・要注意なのは見た目が細いけれど体脂肪率が高い方です。
筋肉を付けるのは体脂肪を落とすのよりも努力を要し、何もしないと30才前後をピークに年々落ちていきます。
一部の研究では、60歳を過ぎると筋肉量が上らない可能性があるということですので、定年退職してから運動で筋肉を付けようと思うと手遅れの恐れがあります。
貯金」ならぬ「貯筋」という言葉が最近言われています!(http://www.health-net.or.jp/tyousa/tyokin/susume.html)

ぜひカラダが動くうちにしっかり運動する習慣を身に付けていきましょう!!