×close

Semi personalgym  フィットネスジムT.I.S

NEWS

2019-08-17

T.I.S

柔軟性の重要性part2

こんにちは、フィットネスジムT.I.Sです。

先日の記事「柔軟性の重要性」で
「硬いこと」についての問題をお話しましたが、今回はその逆で「柔らかすぎる事」の問題をお伝えします。

バレリーナや体操選手、力士のように180度開脚が出来ることに皆さん憧れる方が多いかと思いますが、果たしてそんなに柔軟性が必要なのかどうか?がポイントです。
関節はそれぞれ本来の正常な可動域があり、それ以上動いてしまうのは「関節ルーズネス」といって筋肉ではなく、関節に障害が起きやすく、ダメージを受けるとなかなか回復しにくいのも特徴です。

股関節の開脚も180度以上開いてしまうのは問題があります。
緩くなってしまった関節は、筋肉で開き過ぎないようにコントロールする必要があります。
それは、スタビリティ(安定性)を高めるトレーニングによって向上・予防することができます。

種目については今回は割愛させていただきますが、ストレッチをする際は「痛い」と感じる所まではいかないように注意しましょう!
「痛い」というのは身体からのシグナルです!

とはいえ、硬い方が多いかと思いますので、しっかりと動かすことから始めていきましょう!!

3rd PLACE FOR YOU

是非この機会に、T.I.Sでトレーニングを始めてみませんか?
スタッフ一同お待ちしております。

  • 二子玉川店:03−6411−7484
  • 三宿店:03-6450-7105
  • 弦巻店:03-5799-7581
  • 弦巻2号店:03-5799-6846

関連記事はこちら

無料体験・懸濁の申し込み
  • 入会の申し込み
  • 会員専用フォーム

PAGE TOP

現在の閲覧数            人