NEWS

2023-01-22

supported by T.I.S

タンパク質はドカ食いしても意味がない

こんにちは!

弦巻4丁目店です!

本日のブログでは、タンパク質の摂取タイミングが筋トレ効果を左右することについて書きたいと思います!

近年では筋トレ後のタンパク質摂取が大事だと言われることが多くなりました。

それゆえに、多くの人がタンパク質をしっかり摂ることを意識しているかと思います。

しかし、摂取するタイミングや量により、効率がかなり大きく変わっていきます!

オーストラリアの研究により、下記のことがわかりました。

グールプA:タンパク質40gを6時間おきに摂取

グールプB:タンパク質20gを3時間おきに摂取

グールプC:タンパク質10gを1.5時間おきに摂取

7日間の実験後、筋タンパク質の合成率を比べたところ、グールプBが最も高い合成率を示しました。 一方、グールプA・Cは合成率があまり増えておりませんでした。

この結果から3時間おきがタンパク質摂取の最適なタイミングとなりますが、少し現実性・再現性が乏しいものかと思います。

そこで、テキサス大学による研究により新たな実験が施され、そこでは【1日3食でバランスよくタンパク質を摂取すれば、トレーニング効果を高められる】という研究報告がなされました。

朝と夜だけのような偏食ではなく、また3時間おきが理想ではありながらも、一般的な朝・昼・夜のようなバランス型の食事であれば3時間おき型に近い効果を得られるとのことです!

なかなか仕事や家事、育児をしていると食べたいタイミングで食べれないことも多くあるかとは思いますが、タイミングのバランスが良ければ大丈夫とのことですので、ぜひ食べるタイミングを意識してみてください(^^)

3rd PLACE FOR YOU

是非この機会に、T.I.Sでトレーニングを始めてみませんか?
スタッフ一同お待ちしております。

  • 二子玉川店:03−6411−7484
  • 三宿店:03-6450-7105
  • 弦巻3丁目店:03-5799-7581
  • 弦巻4丁目店:03-5799-6846
  • 九品仏店:03-6809-7730
  • たまプラーザ店:045-507-5574
  • センター南店:045-507-6247

関連記事はこちら

SNS

公式SNSアカウントにて最新情報や
おすすめのトレーニングを発信中!